にゃんこカプセルなどパーツやおもちゃが登場!

【最初が大事】子猫向けのキャットタワーを選ぶポイント

キャットタワー研究所

この記事は、初めて子猫を飼う、もしくはその予定のある飼い主さん向けです。

ここでは、子猫向けのキャットタワーを選ぶポイントをお伝えします。
最初のキャットタワーの選び方は、子猫の運動能力の発達に影響しますので、慎重に検討してみてくださいね。

キャットタワーはいつから必要?

結論は、「早ければ早い方が良い」です。
まだヨチヨチの子がキャットタワーに登るのは難しいかもしれません。

それでも驚くことに子猫はキャットタワー周辺がプレミアムな空間であることを認識します。爪とぎや柱につかまって何とか登ろうとする姿は人間にはたまりません。

子猫にとっては、床の下の隙間や、地階に隠れやすい場所があれば、登らなくともそこが居場所になり、安心できる空間になります。本能的に子猫の時は、外敵から身を守りやすい、屋根の低い場所を好む傾向があります。

人間の心配をよそに、子猫はあっという間に大きくなります。3カ月齢になると、上下運動が楽しい時期に入ります。遅くとも、この頃までには用意をしておきたいところです。

子猫に適切な高さとは

この時期の子猫にとって、最も重要なのが、最初のステップの高さです。登りやすい高さの目安は、「二足歩行時の肘の高さ」です。大きくジャンプしなくても上がれる高さになり、たとえ落ちてもダメージは少ないので安心です。

猫種にもよりますが、一段目は15センチ程度の高さになります。もし最初の段が30cm程度と高いようならば、半分程度の高さの箱を足場として用意して、そばに置いてあげてください。子猫の時期専用のキャットタワーを必ず用意する必要はないと思います。

タワー全体の高さについては、この時期だけ特別という事はありませんので、もっと大人になった時にどこまで高いものが必要か、部屋の広さなどの、別の観点で決めることになります。

目標の高さに紐をつけるとGOOD

キャットタワーといった、高いところに登るのは、まさに猫の本能であるので、意思に任せるのも良いのですが、少し目標設定をしてあげるとさらに効果的です。

ネズミのしっぽをイメージした、綿紐かリボンを10cm程度に切って、キャットタワーの柱や板の下面にヒラヒラと付けてあげると、登る動機づけになります。特に子猫は、紐やリボンが大好きですので、触れたくて頑張って登ろうとします。ただし、細すぎると噛み切って、食べてしまいますので綿紐なら太さ5mm程度、リボンなら幅10mm程度の太めのものが安心です。

 

以上、子猫の時のキャットタワーについてお伝えしました。大人になれば、こんなに低いところを苦労して登っていたのか・・と逆に驚くほど、猫の運動能力は発達します。それだけに最初の環境は大事ですので、シッカリと良いキャットタワーを用意してあげたいですね。

 

キャットタワー研究所トップ